群馬県前橋市の美容室hair salon Rise Heart(ライズハート)>ダメージケア>髪の毛の痛みは間違った習慣が原因だった!正しいケア方法と改善方法を学ぼう!

髪の毛の痛みは間違った習慣が原因だった!正しいケア方法と改善方法を学ぼう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
髪の毛の痛みは間違った習慣が原因だった!正しいケア方法と改善方法を学ぼう!

皆さんこんにちは!

髪のダメージを気にされている方は多いと思います。

そもそもなぜ髪は傷んでしまうのか?

知ってそうで知らない原因をご紹介したいと思います。

髪の毛が傷んでしまうのはなぜ?その原因は?

シャンプーによるダメージ

普段当たり前のように行なっているシャンプーでも髪を傷めている場合があります。

原因はシャンプーの成分によるものです。

一般的な市販のシャンプーなどは、台所洗剤などと同等の成分なので、洗浄力が強すぎるため、髪や頭皮に必要な油分も必要以上に洗い流してしまうため、パサつき、ごわつきの原因となります。

シャンプーの「界面活性剤」という成分が髪の汚れを落としていくわけですが、その「界面活性剤」の種類によっては日々のシャンプーで髪と頭皮を傷めています。

ここで代表的な髪と頭皮に悪影響な界面活性剤をご紹介しておきます。

・ラウリル硫酸ナトリウム

・ラウレス硫酸ナトリウム

などです。

「硫酸」というワードが入っているシャンプーはほとんど髪と頭皮に悪影響といっても良いでしょう。

一般的な市販のシャンプーにはほとんどのこの成分が主成分です。

なぜかというと、安価で洗浄力の強い界面活性剤だからです。

安かろう悪かろうという言葉がありますが、まさにその通りのシャンプー剤となっています。

何年も長期的にそういったシャンプー剤を使用することにより、髪にダメージを与え、頭皮本来の機能を破壊し、数年後に抜け毛などに繋がる恐れがありますので、すぐにでも使用を控えることをお勧めいたします。

実は日々のシャンプーで髪を傷めています。


カラーによるダメージ

一般的なカラー剤で髪を傷めている場合もあります。

特に市販のカラー剤は、どんな髪質の髪でも染まるように薬剤の成分が強い薬剤を使用しているため、ダメージの原因となります。

それに比べてサロンカラーは一人ひとりの髪質に合わせて薬剤を調合してカラーをしていくため、ダメージを最小限に抑えることができます。

当店では通常のカラー以外にもゴッホカラー、オイルカラー、オーガニックカラーなどがありますが、特にゴッホカラーはダメージレスカラーなので、ダメージすることなくカラーをすることができます。

現在日本でヘアカラーをしている方の割合が約70%になります。

そのうち、サロンカラーの方は約50%で、残りの20%がホームカラーをしている方になります。

まずは、カラーの仕組みについてお話ししたいと思います。

市販のカラーをした方は知っている方も多いと思いますが、カラー剤を作る際に1剤と2剤を混ぜてカラーの薬剤を作ります。

その1剤と2剤を混ぜることにより薬剤が化学反応を起こし、髪の毛が染まる仕組みです。

詳しく説明すると、1剤に含まれるアルカリ剤が、髪の毛を膨潤させ、キューティクルを開き、開いたキューティクルの隙間からカラーの色味が髪の内部に入り、2剤に含まれる酸化剤が髪のメラニンを脱色すると同時に、染料を発色させ、髪の毛が染まる仕組みとなっています。


このように、薬剤の化学反応により少なからず髪にダメージを与えながら色を入れているわけです。

人工的に髪にダメージを与えながら染めていくので、ダメージが伴います。

ではサロンカラーとホームカラーでは何が違うのかを説明していきたいと思います。

ホームカラー

ホームカラーは一般的に市販されているカラー剤を使い自宅などでカラーを行うことです。

量販店などで安価で手軽に買えるので、1回はしたことある方も多いと思います。

市販のカラー剤の薬剤は決まった色が1つに1色入っているだけです。

なので、一人ひとりの髪質を選ぶことなく、どんな髪質でもその薬剤でカラーをしていくことになります。

髪の状態に関わらずどんな髪質でも染まらないといけないので、薬剤の成分が強くできています。

1度もカラーをしたことのないバージン毛などであればその1回のダメージのみで済みますが、もともとカラーをしていてすでに髪がダメージを受けている状態の髪にも同じ強い薬剤を使用するわけです。

なので、強い成分の市販のカラー剤を繰り返し使用することによってダメージが進行していきます。

サロンカラー

サロンカラーは美容室でカラーをすることです。

市販のカラー剤との違いといえば、プロの美容師が一人ひとりの髪の状態を診断し、一人ひとりの髪の状態に合った薬剤を調合し、カラーをしていきます。

尚且つ、カラーと並行してトリートメントで髪を保護しながらカラーをしていくので、ダメージを最小限に抑えることができます。

髪のダメージが進行すればするほど、色持ちも悪くなるので、市販のカラーを繰り返していると色持ちも悪くなります。


ドライヤーやアイロンによる、熱のダメージ

ドライヤーの使い方によって髪を傷めている場合があります。

ドライヤーは髪を乾かすものですが、必要以上に乾かしすぎてしまうとパサつき、ごわつきの原因となり、ダメージにつながります。

かといって濡れたままの状態の方が髪にとっては悪影響なので、自然乾燥ではなく、ドライヤーを使いましょう!

レプラナイザーや復元ドライヤーなどの髪をケアしながら乾かしていくドライヤーもあるので、毎日使うものなので、そういったドライヤーを使用することをお勧めいたします。

そのほかの熱によるダメージとしては、アイロンです。

一般的なアイロンは100℃〜180℃とかなりの高温となっており、使い方によってはダメージが進行してしまいます。

使用方法としては160℃〜180℃くらいの高温で短時間でカールやストレートにしていく方が髪に与えるダメージも少なく済みます。


アイロン

アイロンもドライヤーと同じく当てすぎるとダメージにつながります。

一定の部分に必要以上に当て続けることにより、髪が乾燥してキューティクルが開いてしまい、パサパサになってしまいます。

さらにダメージが進行すると髪の毛のタンパク質が熱により変質して硬くなり、一段とパサつき、ごわつきの原因となります。

温度が低い方が髪に良いと思われがちですが、温度が低いとカールやストレートなどの形がつきづらくなるため、必要以上に髪に当て続けることになります。

そうすることによりダメージが進行してしまいます。

温度が高い方が形が付きやすいので、180℃くらいの温度で短時間で形を作った方が髪に触れている時間も短くて済むので、ダメージも少なく済みます。

紫外線

紫外線も髪のダメージに大きな影響を与えています。

紫外線を浴びることで髪に活性酸素が発生し、その活性酸素はカラーのダメージよりも髪へのダメージが大きいです。

ということは紫外線を浴びるたびにカラーに匹敵するダメージを毎回髪へ与え続けていることになります。

髪に使えるUVスプレーなどもありますので、髪を紫外線から守りましょう!


髪の痛みをケアする方法や改善方法

自宅のケア方法

ダメージをケアするにはホームケアが重要です。

特に毎日必ずするシャンプー&トリートメントが重要です。

上記のように、市販のシャンプーやトリートメントなどでは日々髪のダメージを進行させているだけなので、サロン商品をおすすめします。

髪の状態は一人ひとり違うので、カウンセリングさせていただき、お客様一人ひとりの髪質に合ったものをご提案させていただきます。


美容室のケア方法

美容室では一人ひとり髪の状態に合わせて必要な栄養分を髪に補給していくトリートメントをご提案させていただきます。

そのトリートメントにあったホームケアがありますので、サロントリートメントとホームケアを併用していくことにより、ダメージをケアしていく近道になります。


間違ったヘアケア

間違ったヘアケアをしていると髪にも頭皮にも悪影響です。

ここで間違ったヘアケアの例をご紹介したいと思います。

朝晩シャンプーをしている

まれに朝晩シャンプーしている方がいますが、それは間違いです。

シャンプーをしすぎると頭皮や髪に必要な油分を取り過ぎてしまうため、フケや乾燥の原因になります。

また、シャンプーは夜の方が良いです。

夜シャンプーしないで寝てしまうと、1日の汚れが頭皮や髪についたままになってしまい、頭皮環境が悪化します。

髪は寝ている時に伸びるため、髪の成長にも悪影響を及ぼします。

トリートメントを根元からつけている

シャンプーは、基本的に頭皮を洗う物なので、指の腹で頭皮をマッサージするように洗いましょう!

重要なのはシャンプー後の濯ぎです。

濯ぎが足りないと、シャンプーが頭皮に残ったままになってしまい、頭皮環境に悪影響を及ぼします。

頭皮擦りながらすすいでください。

シャンプー後のトリートメントなのですが、トリートメントは髪をケアするものなので、髪のみに塗布しでください。

トリートメントを根元からベッタリつけてしまうとトリートメントの油分で毛穴を塞いでしまうため、髪の成長に悪影響を及ぼします。

頭皮用のトリートメントならOKですが、基本的には特に傷んでいる髪の中間から毛先を中心に塗布しでください。

髪をタオルでゴシゴシ拭く

シャンプーをした後にタオルで髪をゴシゴシ吹いてはいけません。

髪は濡れているときはダメージを受けやすいので、ゴシゴシすることにより摩擦で髪が擦れてダメージの原因となります。

頭皮を拭く時のみ優しくマッサージするように拭き、髪はタオルで包んで水気を取るように心がけましょう!


最後に

髪のダメージにはさまざまな原因が考えられますので、少しでもダメージを軽減できるよう、日々ケアしていきましょう!

中村裕介

中村裕介

Written by:

桐生市立商業高等学校を卒業後、群馬県美容専門学校へ。

美容師国家資格を取得後、数店舗を経て、2016年10月、前橋市亀泉町に【hair salon Rise Heart】をオープン。

オーナースタイリストに。

 

オーナースタイリスト中村裕介より一言

当店では髪の状態に合わせ最良のものを使用し、5年後、10年後の皆さまの髪と頭皮を守り、オシャレを楽しんでいただけるよう、プロのケアをいたします。それでも出来る限りお手頃価格でいつもキレイで、こまめにご来店して頂けるよう、ハイクオリティ・低価格・待ち時間ゼロを実現するため、予約優先制とさせて頂いております。気分もリフレッシュしてお帰り頂けることを願っております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中村裕介は、こんな記事も書いています。

  • 髪にツヤを出すにはどうしたら良いの?その方法を解説します!

    髪にツヤを出すにはどうしたら良いの?その方法を解説します!

  • 髪のゴワゴワを改善するにはシャンプーとトリートメントにこだわる!

    髪のゴワゴワを改善するにはシャンプーとトリートメントにこだわる!

  • 髪の毛の痛みは間違った習慣が原因だった!正しいケア方法と改善方法を学ぼう!

    髪の毛の痛みは間違った習慣が原因だった!正しいケア方法と改善方法を学ぼう!

  • 髪の毛がチリチリになってしまう原因と改善方法

    髪の毛がチリチリになってしまう原因と改善方法

  • キューティクル復元カラーをしてみた

    キューティクル復元カラーをしてみた

  • キューティクル復元トリートメントとは?

    キューティクル復元トリートメントとは?

人気記事 新着記事 関連記事
  1. 1

    群馬でも取扱店が少ない希少な「オッジィオット」oggiottoを現役美容師がわかりやすく解説

    群馬でも取扱店が少ない希少な「オッジィオット」oggiottoを現役美容師がわかりやすく解説

    528

    2019/03/12
  2. 2

    オッジィオット(oggiotto)トリートメントについて

    オッジィオット(oggiotto)トリートメントについて

    279

    2019/03/27
  3. 3

    キューティクル復元トリートメントとは?

    キューティクル復元トリートメントとは?

    226

    2019/06/05
  4. 4

    髪の毛がチリチリになってしまう原因と改善方法

    髪の毛がチリチリになってしまう原因と改善方法

    218

    2019/07/22
  5. 5

    オッジィオット(oggiotto)をされた方からの口コミ

    オッジィオット(oggiotto)をされた方からの口コミ

    205

    2019/05/19
  1. 1

    髪にツヤを出すにはどうしたら良いの?その方法を解説します!

    髪にツヤを出すにはどうしたら良いの?その方法を解説します!

    18

    2020/02/29
  2. 2

    髪のゴワゴワを改善するにはシャンプーとトリートメントにこだわる!

    髪のゴワゴワを改善するにはシャンプーとトリートメントにこだわる!

    133

    2019/11/08
  3. 3

    髪の毛の痛みは間違った習慣が原因だった!正しいケア方法と改善方法を学ぼう!

    髪の毛の痛みは間違った習慣が原因だった!正しいケア方法と改善方法を学ぼう!

    95

    2019/08/01
  4. 4

    髪の毛がチリチリになってしまう原因と改善方法

    髪の毛がチリチリになってしまう原因と改善方法

    218

    2019/07/22
  5. 5

    キューティクル復元カラーをしてみた

    キューティクル復元カラーをしてみた

    50

    2019/06/17
  1. 1

    髪にツヤを出すにはどうしたら良いの?その方法を解説します!

    髪にツヤを出すにはどうしたら良いの?その方法を解説します!

    18

    2020/02/29
  2. 2

    髪のゴワゴワを改善するにはシャンプーとトリートメントにこだわる!

    髪のゴワゴワを改善するにはシャンプーとトリートメントにこだわる!

    133

    2019/11/08
  3. 3

    髪の毛がチリチリになってしまう原因と改善方法

    髪の毛がチリチリになってしまう原因と改善方法

    218

    2019/07/22
  4. 4

    パーマをかけたら傷んでしまった!原因と対策方法をお伝えします

    パーマをかけたら傷んでしまった!原因と対策方法をお伝えします

    118

    2019/06/01
  5. 5

    トリートメントにはどんな効果があるの?群馬の美容師が分かりやすく解説します!

    トリートメントにはどんな効果があるの?群馬の美容師が分かりやすく解説します!

    75

    2019/05/24

カテゴリー

美容院専用ホームページサービス

Copyright© 2020 hair salon Rise Heart All rights reserved.

"